『お伊勢ものがたり』

『お伊勢ものがたり』 梶 よう子


51mZ2-6gOhL__AA278_PIkin4,BottomRight,-42,22_AA300_SH20_OU09_


旅も人生も山あり谷あり、風雨あり。いつかまことの終着が来るまで、歩み続けるだけ。わけありの武家の女三人と、頼りない御師(案内人)見習いの珍道中。若い女巾着切り、いわくありげな浪人者、犬を相棒にした抜け参りの子ども……いくつもの出会いが祖母の、母の、孫の人生を変えていく。心がほっとあたたまる、長編時代小説!


(画像と解説はアマゾンさんからお借りしました)



一気に読みました。

当たり前ですが、車も無い時代、旅は歩きが基本。

ましてや、母、娘、孫の女性三人が旅をするのはとても大変なことだと思いますが、

その辺の身体的苦労は割とさらっと流してあって、

むしろ出会う人々との関わり合いが大切に書かれています。

それぞれ年齢と立場が違う三人も現代の女性と変わらず

同じような悩みや葛藤を抱えていますが、

出会う人々との交流の中で、成長したり、気持ちが変化したりしていきます。


やはり年代的に香矢さんに感情移入しやすかったですが、

娘の雪乃ちゃんの若々しさも通って来た道だから微笑ましいし、

お母様のまつさんの聡明さは見習いたく、こんなお年寄りになりたいと思わせます。

魅力的な三人の案内役が若い久松ですが、

この青年の持つ率直さが読んでいてとても好感が持てるし、

悩みも成長もやはり香矢さんと同じく母のような気持ちで

見守ってしまいました。


切ない出来事もありますが、読み終わってとても清々しい気持ちになりました。


旅は人生の様、また人生は旅の様と言いますが、

旅を楽しむのも、人生を楽しむのも、自分の心次第だなと

改めて認識させてくれるお話でした。






予約投稿です。

最後まで読んで下さってありがとうございました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

55スマイル

Author:55スマイル
夫婦で洋食屋をしています。
不景気の荒波に揉まれて日々たくましくなってきてます。
お店での出来事や、趣味の事を書いていこうと思ってます。

cafe dining Merci
P1030370.jpg


カフェダイニングメルシー

〒791-0054
愛媛県松山市空港通
3丁目7-13

089-965-1161

・ランチタイム
11:30~15:00
(LO14;30)

・ディナータイム
17:30~22:00
(LO21:30)

定休日:毎週火曜日

駐車場あり:7台


※店内終日禁煙です。
※月、水、金、日の
14:30~17:30は
クラフト教室を行っています。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる