『光圀伝』

『光圀伝』冲方 丁

51PjAe1QbfL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか。老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。血気盛んな“傾奇者”として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す―。生き切る、とはこういうことだ。誰も見たこともない「水戸黄門」伝、開幕。

(画像と解説は、アマゾンさんからお借りしてきました)


一番最近読んだ本です。『天地明察』がとっても良かったので読んでみました。

結構分厚い本なんですよ。文字もギッシリ詰まってる感じで(笑)

でも、読み始めたら止まらなかったです。

時代小説好きなんですけど、私は一つ苦手なところがあって、

それは、親から一字貰って付けてたりして、似たような名前がたくさん出てきて、

誰が誰だったか分らなくなって、前のページで確認したりしないといけない所 

でも、冲方 丁さんは意図してそうしているのか、主人公との関係を一言入れてくれてるので、

すんなり読めるんです。

私は時代小説は一種SFに似ていて、その世界観に浸るまでに多少時間がかかると思っていたのですが、

冲方 丁さんの本は現代小説を読んでる感覚で、最初から引き込まれました。

泣いたり笑ったり、感情移入しまくりでした。

私の人生にも色んなことがあって、たくさんの人との関係があって、

でも、その全てに光圀みたいに、こんなに真っ直ぐに向き合って生きてるかなって

自分を振り返ったり、歳を重ねるごとに変わっていく思いも実感として共感できたり、

いろんなことを考えさせられました。

今の年齢の時に読めて良かったなって思いました。


学校で習う歴史って本当につまらなかったけど、

『光圀伝』や『天地明察』はすごく面白かったし、

歴史に興味が湧きました。

教科書これにすればいいのにって思いますね 




















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、CHACHAです。

私も『天地明察』は読みました。
おもしろかったです!
若者たちじゃなく、お年を召した登場人物達に惹かれました。
亡くなられたところは、泣きました~~。
『光圀伝』実は、1巻が書籍リーダーの中には入っているのです…。
ははは、遊びが楽しくて、まだ読んでないです~~。
会社の休憩時間に読み始めようかな・・・。
思い出させていただいて、良かったです。
ありがとうございました。

CHACHAさんへ

コメントありがとうございます。
『天地明察』読まれたんですね。
確かに主人公も素敵でしたが
先達の人たちの熱い想いにもグッとくるものが
ありましたね。
『光圀伝』も是非読んでみて下さい。
プロフィール

55スマイル

Author:55スマイル
夫婦で洋食屋をしています。
不景気の荒波に揉まれて日々たくましくなってきてます。
お店での出来事や、趣味の事を書いていこうと思ってます。

cafe dining Merci
P1030370.jpg


カフェダイニングメルシー

〒791-0054
愛媛県松山市空港通
3丁目7-13

089-965-1161

・ランチタイム
11:30~15:00
(LO14;30)

・ディナータイム
17:30~22:00
(LO21:30)

定休日:毎週火曜日

駐車場あり:7台


※店内終日禁煙です。
※月、水、金、日の
14:30~17:30は
クラフト教室を行っています。

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる