B級ホラーと白い魔女

6,7年前から毎年4月頃になると唇が荒れてたんです。

年々ひどくなってきて、最後には膿み始めまして(汚くてごめんなさい)

これはいかん。チューが出来んと(あっ、いやいやそれだけでは。。。)

家の近くの皮膚科に行ったんです。

なんとも年季の入った病院でして、廊下の隅の電気はチカッ。。。チカッ。。。を

繰り返し、全体的に昼間でも薄暗く、極め付けはおじいちゃん先生の容姿。

骸骨が皮を被ってるほどにスレンダーで、ハリー・ポッターが通う学校の校長も

裸足で逃げ出す立派な髭、B級のホラーなら今すぐ撮れそうな所でした。

おじいちゃん先生が巨大な虫眼鏡で私の唇を覗き込み、余りの至近距離に

緊張の糸が切れた私は、なぜかおしっこをちびる変わりに(お下品ですいません)

笑いのツボのスイッチを押してしまったようで、でもここで笑うと

大鍋で湯がかれて蛙か何かに変えられてはたまらんと、あらゆる思考を総動員で

笑うことを阻止しました。

1、なすび、えび、青魚、等々を食べてはいけない。

2、薬を毎日塗りなさい。

3、定期的に注射をしに来なさい。

などの呪文を唱えられ、まじめな私は1年ほど通っていました。(アホです。。。)

確かに薬を塗れば治まるんですが、完治することはありませんでした。

知り合いに「病院変えたら」という回復魔法の呪文を唱えていただき

いそいそ今度は白い魔女の病院に行きましたら。

「ああ、日焼けね」と言うではありませんか!「ええっ!マジで!なんじゃそりゃ!」

抜け出せない迷路から白い魔女は救ってくれたんです。

「日焼け止めって、顔には塗るけど唇には塗る人少ないのよねぇ。

唇だって日焼けするのよ。まぁ、火傷と一緒ね。」

そんな簡単なことだったなんて、

それからは日焼け止めを欠かしません。今では春が来てもピッカピカです。

白い魔女ありがとう。


余談ですが、白い魔女は御歳50後半~60前半くらいなんですが

何をどうやったらそんなことになるのかというほどお肌が白くて綺麗なんです。

まさに白い魔女。ここではシミ取りなんかもしてくれるんです。しかも保険が利きます。

今日は無駄話に(いつもか。。。)長々お付き合いいただきありがとうございました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして!
唇の日焼け、おもわず納得してしまいました!

黒魔術・・恐ろしや~

私も唇日焼けでシミだらけよ。。。最近はマスクして歩いてるからよくなったけど鼻と唇は一番焼けるとこらしいです。。

ヤブ医者爺ちゃん医者・・・・・もう引退なされたらいいのにね・・・きっと塗ってた薬ってステロイド系でしょ・・・病院はしっかり選んだほうがいいね。。

なつさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんです。びっくりですよ!日焼けが原因だなんて。。。
紫外線あなどれません。。。

おとめ母さんへ

コメントありがとうございます。
そうなの、ステロイドって塗ってるとそこが黒くなるんだって、
白魔女に教えてもらって、さらにショックを受けた私。。。
ほんと、黒魔術恐ろしです。
プロフィール

55スマイル

Author:55スマイル
夫婦で洋食屋をしています。
不景気の荒波に揉まれて日々たくましくなってきてます。
お店での出来事や、趣味の事を書いていこうと思ってます。

cafe dining Merci
P1030370.jpg


カフェダイニングメルシー

〒791-0054
愛媛県松山市空港通
3丁目7-13

089-965-1161

・ランチタイム
11:30~15:00
(LO14;30)

・ディナータイム
17:30~22:00
(LO21:30)

定休日:毎週火曜日

駐車場あり:7台


※店内終日禁煙です。
※月、水、金、日の
14:30~17:30は
クラフト教室を行っています。

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる